ちゅら花 口コミ にまつわる専門サイト。

ちゅら花 口コミ にまつわる専門サイト。

ちゅら花 口コミ の注目情報を紹介。
あなたが知りたい ちゅら花 口コミ の直近情報を分かりやすく掲載している重要サイトになります。また、あなたにとってプラスになるちゅら 花 口コミの基本的な情報もチェックできます。今すぐチェックしてみて下さい。

 

 

健康によいものを継続してしていくのはなかなか大変です。

 

この頃ではお砂糖とは違って黒糖がからだに良いということをテレビでみて、黒糖も毎日摂取することがいいようです。

 

からだに良いというようなお酢と黒糖、両方が含まれている理想のお酢ドリンクを見つけました!

 

ちゅら花(はなぎ)黒糖タイプです

 

ちゅら花は黒麹主となり黒糖の入った飲みやすいお酢ドリンク
ちゅら花は天然発酵の黒麹が主。18種類の天然クエン酸、アミノ酸が含まれたお酢ドリンクです。

 

『ちゅら花(はなぎ)』は黒麹菌から造りだされた全18種類の高品質な天然アミノ酸と天然クエン酸がたくさん含有されていて、天然アミノ酸3,045mg、天然クエン酸1,652mgの含有量を誇っております。
付属のカップ(30ml)2杯分で、レタス1個分の食物繊維、レモン2個分のビタミンCが摂取できます。

 

ーちゅら花公式サイトより

 

しかもちゅら花(はなぎ)には黒糖がブレンドされています。

 

ここまでクエン酸がたくさんブレンドされているのに、黒糖うまく使って酸味がまろやかになっているのも特徴です。

 

黒糖は腸内環境を改善する作用のあるオリゴ糖が含有されています。

 

 

 

ちゅら花(はなぎ)黒糖タイプの口コミ。良かった点・悪かった点

 

 

ちゅら花(はなぎ)の良かった点

 

良かった点は、イメージしていたよりもお酢のイヤな部分がなかったこと。

ビックリするくらいお酢のイメージがあまりしない
酸味もニオイもキツいだろうと勝手にイメージしていたのですが、
あり得ないくらいお酢特有のニオイがなくて、酸っぱさもあんまり感じられなくてビックリしました。

黒糖のあまみがイメージされてすごく飲みやすい
ちゅら花(はなぎ)黒糖が含まれているので、甘みがあって酸味がより緩和されています。
飲みにくいのをイメージしたので、すんなり飲めて、むしろおいしいと感じました。

 

30mlは一口で飲める

 

ちゅら花(はなぎ)計量カップ1回分

 

付属の計量カップは1回分(30ml)。

 

薄めずにストレートで飲めるのもポイントで、さっぱり飲みやすいので一口でくいっと手軽に飲むことができます。

 

飲みにくいと感じる場合は炭酸などで割ってもOKです。

 

ちゅら花(はなぎ)を飲んでみて悪かった点

あえて悪かった点と尋ねられると、次の2点。

 

びんのキャップが少し開けづらかった
ちゅら花はアルミ製のキャップです。

はじめなかなか開けられず苦戦しましたが、キャップの部分を少し温めて開けられました。
握力があまりない人は最初いくぶん開けにくさを感じるかもしれないですね。

計量カップへ注ぐときにこぼすことがありえる
720mlのビンに入っているので、計量カップへ30mlの量を注ぐのがいくぶん面倒くさいと感じる方がいるかもしれません。
力加減によってはこぼしてしまうかもしれないので、注ぐのに慣れるまでは念のためこぼしても大丈夫な位置でカップへ注ぎましょう。

 

リンゴ酢とくらべて酸味がだいぶ抑えられているだけに限らず、むしろ黒糖とはちみつが含有されていることで甘さがあります。
お酢の酸味が苦手な人にはとてもオススメです。

 

ちゅら花(はなぎ)を飲んでからお腹の調子がよくなった

 

お通じがかなり快便でお腹の調子が良くなった
ちゅら花(はなぎ)を飲みはじめると少しずつお腹の調子が良くなって、いまや毎日快便に。

 

腸内の環境が良くなった。

寝つきが良くなって、朝がつらくない

 

ちゅら花(はなぎ)を飲みはじめてからは寝つきが良くなって、朝もすんなりと目が覚めるようになりました。
ちゅら花(はなぎ)黒糖タイプの飲み方は

 

お酢は空腹時に飲むと胃を良くないと言われるので、お腹が空いている時を避けて飲みましょう。

 

からだに良いからといって飲み過ぎはいけません。
ちゅら花の摂取量の目安は30mlのカップで1ー3杯です。

 

ちゅら花(はなぎ)黒糖タイプの価格や購入方法。

 

ちゅら花(はなぎ)通販で購入出来ます。
初めて注文する人は限定で税込980円!送料も手数料も無料です。

 

すぐに続けられるお酢ドリンクで健康な毎日を、継続してみて下さいね。

 



当サイトは携帯・スマートフォンからもご覧頂けます。
上のQRコードを読み取るか、こちらからURLをメールで送信すると便利です。  
更新履歴
page top